秋の花粉症

花粉症というと、春の杉花粉症が有名ですが、秋のブタクサ花粉症も多くの人を悩ませています。

秋の花粉症の原因物質はブタクサの他に、イラクサ、オオヨモギ、アキノキリンソウ、ヨモギ、セイタカアワダチソウ、カナムグラが知られています。

秋の花粉症は、季節の変わり目ということもあり、なかなか自覚しにくいこともあり、また杉のようにテレビなどで花粉情報が出てくることもないので、対策を取っていないという人も多いのではないでしょうか。

花粉症は植物の飛ばす花粉に、人間の体がもつ免疫系が反応して起こるものです。

そのため、花粉症というと春や初夏の植物が一斉に芽吹いてくる頃のものという印象があります。

実際には晩夏や初秋に花粉を飛ばす植物も多くあるため、秋の花粉症というものもあるのだとうことを知っておくと良いかもしれません。

花粉症の自覚がある人や、もしかしたら花粉症になったかもしれないという方は、ぜひ自分の住んでいるエリアや、自分のよくいくエリアの植生について調べてみてください。

花粉症の原因になる植物が生えるエリアの特徴を知っておけば、花粉症の原因である花粉が飛び始める前に対策を打つこともできます。

季節ごとの花粉症の原因を知っておくことで、出先で花粉症に悩まされるかどうかも予測できるようになりますし、事前に対策を打つこともできるようになるので、ぜひ調べてみてください。

夏の花粉症

花粉症と言うと春と秋のものという印象がありますが、夏にも植物は活発に活動し、花粉症の原因になる物質も、大気中にたくさん飛んでいます。

夏の花粉症の原因になるものとしてポピュラーなのは、イネです。

お米のもとになるイネは実は花粉症の原因になるもので、夏の鼻炎の原因になりますが、実はあまり知らていないアレルゲンです。

また、夏の花粉症の原因になるのはイネの他に、甜菜、夾竹桃(キョウチクトウ)、ヒメガマ、カモガヤ、オオアワガエリ、イチゴといったものが知られています。

夏の暑い時期の花粉症は、暑さとあいまってかなりこたえるものです。

また、夏には花粉症はないと思っている人が多いため、自覚があればとるであろう対策も取らない人が多いという事情もあり厄介なものです。

花粉症は植物の花粉に体の免疫反応が過剰に反応して起こるものです。

夏には夏バテなどによって体力を消耗しやすく、それゆえ免疫系も弱りやすくなっています。

実は夏の花粉症というのが一番厄介かもしれません。

もし毎年夏になると鼻炎のような症状が出るといった経験がある方は、一度夏の花粉症の原因物質に関するテストをしてみると良いかもしれません。

夏風邪ではなく花粉症だと判明するかもしれません。
タグ:夏の花粉症
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。